2016年10月03日

【チーム紹介:中部大学-Kisarazu Lab-】

エントリーC 【中部大学-Kisarazu Lab-】

Q1.チーム構成を教えてください
A1. 【意匠】8人【環境】13人の合計21人です。

Q2. 過去のBuild Liveにエントリーされたことはありますか?
A2. 2回目です。

Q3. エントリーされた動機はなんでしょうか?
A3. BIMを用いた連携方法の理解を深めるためです。

Q4.今回のBuild Liveの舞台のまち、千葉県木更津市に対して、どんな印象をお持ちですか?
A4. 浮世絵を用いた地域全体の活性化等が行われており、 地域の文化に触れやすい街という印象です。

Q5.今回のBuild Liveの課題は「サテライトオフィス」です。設計のアピールポイントはなんでしょうか?
A5. サテライトオフィスならではの人の繋げ方です。

Q6.3次元設計BIMツールはどこでどれくらい学ばれましたか?
A6. 大学で2年程度です。

Q7.チームリーダ、貴方にとってBIMってなんでしょうか?
A7. 【意匠】【構造】【設備】のコミュニケーションツールであり、建物を設計する上で欠かせないものです。

Q8.スタートに当たり事前に何を準備される/されましたか?
A8. 今の木更津市に足りないものを提案できるよう、土地の特徴を調べました。

昨年に引き続きの参加、今回は環境13名と意匠を上回る人数。
さてそのような検討が行われるのか楽しみです!


posted by BLJ2016 at 22:47| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。