2016年10月03日

【チーム紹介:スカンクワークス】

エントリーD【スカンクワークス】

Q1.チーム構成を教えてください
A1. 前田建設工業(株)のメンバー23人、
  レボリューション・ゼロのメンバー2人の合計25名。

Q2. 過去のBuild Liveにエントリーされたことはありますか?
A2. スカンクワークスとしてすべてに参加(9回目)。

Q3. エントリーされた動機はなんでしょうか?
A3. 新しいことにチェレンジしたいため。BIM技術の発展のため。

Q4.今回のBuild Liveの舞台のまち、千葉県木更津市に対して、どんな印象をお持ちですか?
A4.木更津駅西口商店街。アクアライン。木更津キャッツアイの舞台。たぬき

Q5.今回のBuild Liveの課題は「サテライトオフィス」です。設計のアピールポイントはなんでしょうか?
A5. 魅力ある建築で市街地を活性化すること。環境配慮設計によりZEBを実現すること。

Q6.3次元設計BIMツールはどこでどれくらい学ばれましたか?
A6. 社内研修にて学習。業務で毎日使用。

Q7.チームリーダ、貴方にとってBIMってなんでしょうか?
A7. 相手に物事を分かりやすく伝えるためのツール。表現のためのツール。
今後の設計手法を大きく変えていくツール。生産性の向上。

Q8.スタートに当たり事前に何を準備される/されましたか?
A8. 現地調査。法令調査。

スタート時からフル参加ありがとうございます♪ 市街地の活性化、楽しみにしております



posted by BLJ2016 at 22:52| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。