2016年10月06日

課題面積のチェックができるSolibri Model Checker用テンプレートをアップしました

IFCデータが課題の所要室面積を充足しているか確認することができる「Solibri Model Checker用テンプレート」をデータ共有サイトAconexにアップロードしました。
Solibri Model CheckerはIFCデータを読み込んでモデル化、部材の確認、壁梁の干渉チェックなどに使えるBIMツールです。
このSolibri Model CheckerでBuild Live 2016の課題面積のチェックを自動で行うためのテンプレートを用意しました。
モデルに配置したIFCSpaceの部屋コード、面積をチェックができ、カテゴリごとの集計も行います。

Solibri Model Checkerは下記のベンダーサイトの製品案内からすべての機能を使えるデモ版をダウンロードすることができます。
Maciintosh版、Windows版があります。テンプレートはどちらのOSでも利用可能です。

エーアンドエー株式会社
http://www.aanda.co.jp

GRAPHISOFT
http://www.graphisoft.co.jp


posted by BLJ2016 at 17:50| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。