2017年01月26日

Build Live Japan 2016 のまとめシンポは 「BIMの日2017シンポジウム」にて開催!!

Build Live Japan 2016 のまとめシンポは今年も「BIMの日2017シンポジウム」にて開催します。
参加には申し込みが必要ですのでご注意ください。
2月21日(火)の午前中に東京、田町の建築会館です!
申し込みのテンポが尋常ではありません、参加ご希望の方は今すぐ申し込みしてくださいね! 
BIMDAY2017.png


上位入賞チームのプレゼンテーション

  • ヨルトノ
  • ゲキダンエイト
  • 中部大学-KisarazuLab-
  • スカンクワークス


討議「LiveBuildのこれから: BIM × <?> 」

パネリスト(五十音順)
  • 安達 功氏(日経BP社)
  • 池田 靖史氏(慶應義塾大学)
  • 河村 容治氏(東京都市大学)
  • 綱川 隆司氏 (前田建設工業)

コーディネーター
  • 志茂るみ子(グラフィソトジャパン)


Build LiveはBIMの普及初期において、BIM活用の新たな展開を実験する場として、様々提案が為されてきました。しかし、初開催ら10年を迎える今日、変革への踊り場で足踏みしており、改めて明確にPDCAを回し、新い水準に到達すべき時期にあります。
Build Live 2016のまとめとなる本シンポジウムのパネルディスカッションでは、Build Liveの今後取り組み方向性を探るために、建設データ相互運用を標榜すのbuildingSMART Japanが主催するBuild Liveならではの「BIM × <?>」について創造的に議論したいと考えています。
BIMと<?>(何か)のInteroperability(相互運用)と、そのInteraction(相互作用)が生み出す新たな<?>(何か)についてパネリストの皆様、そして参加者の皆様と共に大いにディスカッションします。

※:開催内容について、一部調整中です。


posted by BLJ2016 at 18:45| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。